3点曲げ試験でのワックス破壊値と、往復動試験での破壊状況を数値化することができました。